専門学校に通って確実に保育士になろう

保育士として仕事をするには、国家資格の取得が必要不可欠で、資格のない方は仕事に就くことができません。資格の取得方法には、養成施設の卒業と国家試験に合格する方法があり、養成施設の中には、厚生労働大臣の指定する4年制大学や短期大学、専門学校があります。専門学校は基本的には2年制ですが、中には知識と技術をバランスよく学べる4年制大学と専門学校の中間的な3年制の学校や、幼稚園教諭などほかの資格も併せて取得できる学校も存在します。2年制の専門学校や短期大学では、2年間という短期間の間に保育に特化した知識や技術、実習などを学習することとなるので、大変に忙しい毎日を過ごすこととなります。

4年制の大学と比べると費用も安いメリットもあり、社会人や主婦が通学するのは難しいというデメリットもあります。保育士の国家試験は、合格率が10%前後のかなりハードルの高い試験なため、書店で販売している保育のノウハウの書かれたテキストや書籍を使った独学では困難なことがあり、通信講座を利用する方も多くいます。通信講座は、社会人などで養成施設に通学できない方でも、保育の知識や技術を学べ保育士資格の受験が可能です。いずれも高校卒業以上の学歴が必要となりますので、現在高校生で保育士を目指している場合には、専門学校に入学して養成課程を修了することが最適です。

保育士も人手不足な職種なため、就職先や転職先を比較的見つけ易いため、資格を取得すれば活躍が期待できるでしょう。大阪の美容学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です