専門学校で保育士を目指す

保育士は、結婚してからも続けられる仕事として近年では人気が高い傾向にある職種です。保育士になるには、保育士の国家資格が必要となり、資格がなくては仕事に就くことができません。保育士資格を取得するには、大学や短期大学、専門学校などの厚生労働大臣の指定する養成学校を卒業する方法と国家試験に合格する方法の2つがあります。専門学校などに入学するには高等学校を卒業以上の学歴が必要で、学校によっては幼稚園教諭の資格の取得も可能です。

専門学校で資格を取得するメリットは、卒業と同時に資格を取得できること、基本的には2年間で取得できること、昼間や夜間などライフスタイルに合わせたコースで学べることです。さらに、知識や技術など保育現場で役立つことが学べ、4年制の大学に比べると学費も安いことです。一方で短期間で学ぶことから時間的に忙しいことや保育のことがほとんどなため保育以外のことが学べないこと、社会人や主婦には通いにくいことなどのデメリットもあります。4年制の大学では費用がかかりますが、倍の学習時間あるため保育の知識や技術だけでなく幅広い分野をじっくりと学べるのが魅力ですが、4年という時間がかかることからすぐに現場で活躍したい方には、不向きと言えます。

そのため、現場で早く保育士として活躍したい方や費用を抑え確実に資格を取得したい方、卒業後の就職サポートを受けたい方は、専門学校に通って目指すことが最適です。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です