保育士を目指すなら専門学校を卒業するのが最適

投稿日:

保育士は、日本のどこでも人材不足なため、常に求人募集が行なわれている職種のひとつです。

そのため、ほかの職種に比べて比較的就職先や転職先が見つけ易いと言われています。保育士として活躍するには、国家資格が必要となります。国家資格の取得には、厚生労働大臣が指定した養成学校を卒業するか受験して合格する方法があります。養成学校には、4年制の大学や短期大学、専門学校があるほか、通信講座を受講する方法もあります。

 

専門学校などは卒業と同時に資格を取得できますが、養成学校などを卒業していなくても社会人となったのちにも試験を受けることは可能です。資格取得のノウハウなどが掲載されているテキストや本などを参考にして独学でも受験に臨めますが、かなりハードルが高いため、計画的に学習することが必要です。保育士試験は、毎年5万人ほどの人が受験している人気の試験ですが、合格率が10%から20%と難易度の高い試験で、科目によってはかなり細かい部分まで問われることもあるので、それ相応の受験勉強をしておかなくてはなりません。

 

現在高校生で保育士を目指す場合には、専門学校などの学校に入学する方が確実に資格の取得ができるでしょう。専門学校などの養成学校を卒業して資格を取得したら、仕事に繋げるために就職先をみつけなくてはなりません。保育士の一般的な就職先は、保育園や保育所となりますが、託児所や養護施設、児童デイサービスなどでも活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です