保育士の専門学校について

保育士の免許を取得するために短期大学や四年制大学へ通う人も多いと思いますが、保育士の専門学校へ通う方法もあります。全ての方法に共通していることは学校へ通い、決められたカリキュラムを専門的に学ぶ必要があるということです。自分に合った取得方法を選ぶことが大切です。保育士の専門学校はプロの保育士を養成している学校のことです。

四年制大学に比べ、短期間で免許を習得できることもあり利用する人が増えています。専門学校では現場ですぐに使える手遊びや歌、子どもの発達や成長に関することなど保育に関する様々な知識を学ぶことができます。理論も大切ですが、実際の保育の現場では頭で考えるより、その場の雰囲気や子どもの様子に合わせて臨機応変に対応できることも重要です。専門学校は現場ですぐに役立つ知識を教え、さまざまな場面に慌てず対応できる先生を育てることを目的としているので、より実践に近い教育が受けられます。

現在、子どもの教育現場ではいろいろな改革を行っています。その1つとして認定こども園や保育園を増やし待機児童の解消を目指しています。認定こども園で働くには保育士と幼稚園教諭の免許が必要です。就職のことを考えると、両方の免許が取得できる学校を選んだ方が働ける範囲も広がるのでおすすめです。

パワーあふれる元気な子どもと過ごすのは大変ですが、預かっている時間は両親に代わって子どもの成長を見守り時に厳しく、時に優しく集団生活のルールや約束事を教えていく大切な使命があります。そこにやりがいを感じている人も多いです。専門学校でしっかりと知識を身に付け、現場で輝く先生を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です