保育士になるためには専門学校へ行こう

現在、保育士は需要がとても高まっている仕事です。保育士の活躍する現場は、幼稚園、保育所が一般的ですが、他にも認可保育所や学童保育、療育センター、放課後等デイサービス、児童発達支援事業所など多岐にわたります。保育士の給与は一般的に低いとされていますが、職場選びを慎重に行うことで、恵まれた賃金で労働することも可能です。保育士資格を得るには、専門学校へ行くか、一般受験を行うことになります。

専門学校の場合は、規定の授業を受け、保育実習などを経た際に、学校卒業時に資格を取得することが可能となります。一般受験の際は、年に2回行われる国家試験を受験することとなります。国家試験は午前午後に分かれ2日間にわたり行われる、筆記試験が最初になります。筆記試験に合格した後に、表現、楽器、美術といった実技試験を受け、合格すると資格が取得できます。

保育士試験は比較的難易度も高く、合格率は10%~20%です。専門学校へ進学した場合は、そういった国家試験のプレッシャーを回避でき、なおかつ専門的な知識と技術を身に着けることが可能となります。実際に、一般試験のみで資格を取得したとしても、教科書的な知識だけでは、よい先生にはなるのは難しいでしょう。学校に通い、実習や技能的な学習を行うことで、子供たちの気持ちによりそった保育技術を身に着けることができます。

また、学校に通うことで仲間もでき、実際に就職してからも悩みを相談し合える素敵な交友関係も築くことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です