保育士の専門学校で見られるダブルスクールとは

進路を考えるうえで、業界の動きを把握することは極めて重要です。その動きを的確に捉えた進路を選択しなければ、長く活躍することはできなくなります。保育業界においても、チェックしておかなければならない動きがあります。それは、幼保一元化という政策です。

つまり、保育施設と幼稚園施設を一体化させようという動きで、保育士と幼稚園教諭の両方を持っている方が有利ということを示します。専門学校選びを行う上では、両方の資格が取得できるかどうかを見極めたいところです。保育士の専門学校では、ダブルスクールという方法で幼稚園教諭を取得できます。これは、専門学校で保育士のカリキュラムをこなしながら、大学や短期大学の通信教育にも取り組むことをいいます。

2つの学校で学ぶことから、ダブルスクールと呼ばれます。保育士と幼稚園教諭の両方が取得できることに加え、いくつかのメリットがあります。例えば、大学や短期大学の強みでもある、幅広い教養を身につけることができます。語学やIT、文章作成能力などは、現場でも大いに役立ちます。

保護者との関わりにおいても、ダブルスクールで得た教養が役立つ場面は少なくありません。また、学位を手にできる点も大きな魅力です。学生時代の頑張りは、就職活動において評価してもらえる可能性が十分にあります。なお、ダブルスクールを取り入れている専門学校のほとんどでは、通信教育との単位互換認定が行われています。

その目的は、ダブルスクールによる学業の負担を少しでも減らすためです。専門学校での授業が大学などの通信教育で認められることもありますし、その逆のパターンもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です