専門学校に通い保育士に

専門学校に通いつつ保育士資格を目指してみる。大抵の人は、高校卒業と同時に進学するものだと思われがちですが、実は専門学校には夜間クラスというものがあります。夜間クラスであれば、夕方から講義が始まり夜に講義が終わります。これであれば、会社帰りでも通学できるというのが大きいです。

これであれば、わざわざ今勤務している会社を退職してまで通学する必要がありませんので、仕事と学業の両立さえできれば難なく通学を続ける事が出来ます。さらに、学費は自分自身で支払っていますので、お金を無駄にしたくないという理由で真剣に講義に打ち込むことができます。これであれば、好成績を出せても当然のことです。卒業に近い時期に、保育士の資格を取得する事が出来ますので履歴書に記入できる資格が一つ増えます。

資格が増えるという事は、就職試験や転職活動も有利に進める事が出来ます。卒業後の勤務先となる保育園も、専門学校側が紹介とあっせんしてくれますので、せっかく保育士資格が取得できても勤務先の保育園が見つからないという事態を避ける事ができます。最も、専門学校の場合は就職率が四年制大学や短期大学より高い場合があります。この高い就職率が、専門学校の魅力の一つでもあります。

特に社会人の人が通学している場合は、保育士になるための転職準備期間と転職活動であるといえます。最も、保育士という仕事は国家資格ですので生涯仕事としてやることが出来る仕事の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です