専門学校経由で保育士を目指すメリット

特に若い女性に人気のある職業として現代でも高い競争率を誇る仕事が保育士です。保育士になるためには国家取得を取得する必要がありますし、資格を取得した上で保育園の採用試験を通過しなければならないため、仕事に就くためには合理的なルートをたどる必要があるといっても過言ではありません。一般的には独学で学習として資格を取得したり、大学や専門学校経由で資格を取得してから就職先を選ぶケースが多くなっていますが、保育士になれる可能性が高いルートとしておすすめなのが専門学校を経由するルートとなります。専門学校を経由するメリットとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

専門学校は大学のように一般教養科目の授業が極端に少なく短期で集中的に授業や実習などが行われるため短い期間で現場に役立つ実力を身につけられますし、早く社会人となれるなどの多くのメリットがまず挙げられます。また専門学校は提携している保育園の数も多いですし独自に毎週のように子どもと触れ合う場を設けたりしているので保育士になったときに即戦力になれる力を自然と身につけられるのです。また卒業と同時に保育士の資格を取得できるわけですが、多くの学校では幼稚園教諭免許も同時に取得できるようにカリキュラムを組んでいるため、保育園だけでなく幼稚園への就職も目指せるようになります。卒業後の就職先の選択肢も広げることができるので、将来への可能性を無理なく広げられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です