保育士専門学校の良い点について

保育士になるためにはその資格を取る必要がありますが、専門学校も厚生労働省の指定を受けていれば、資格を取ることができます。専門学校の他にも短期大学や大学などの指定を受けたところでも資格は取れますので、いずれが良いかは自分の環境を考えて検討する必要があるでしょう。専門学校の良いところの一つは、学費が安いことです。他のルートに比べると授業料を安く抑えられます。

また、2年間なので、大学の4年間と比べれば払う学費が2年で済むので、1年間の学費が安いだけではなく、払う期間も短くて済むというメリットがあります。また、保育士として働いていくうえで必要な現場でのスキルも身に付きやすいです。実習が多めで、カリキュラムでも現場で役立つ知識を教えてくれるので、保育士として即戦力で活躍することができます。そして、就職サポートも手厚いです。

せっかく卒業できても働き場所がなければ意味がありません。保育士の専門学校は、短期大学や大学とは異なって、保育を専門として教えているところなので、就職サポートもそれに専念してい行うことができる結果、手厚いサポートが可能となります。学校によっては保育園などとパイプを持っていて、そこからの求人が来るといったケースもあります。おおむね保育士の専門学校は衆力率が高く、中には100%になる年がある学校もあります。

このようなメリットを良いと感じるなら、こちらの選択肢を選んで資格取得を目指すと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です