保育士の専門学校にも種類がある

保育士になる場合、保育士養成施設を卒業するか、もしくは国家試験に合格するか2つの方法があるが、保育士養成施設の中には専門学校だけでなく4年制の大学と短大があります。それでも目指す人の多くは専門学校を選択するが、実はその中にもさらに細かく種類が分かれています。まず専門学校には指定校と併修校の2種類があって、指定校は厚生労働省に加えて文部科学省からも指定を受けているのでその学校を卒業すれば資格取得が可能です。一方で併修校は厚生労働省のみ受けていて文部科学省からは受けていないので、文部科学省から受けている通信制の短大を並行して修了する必要があります。

単純に考えると2つの学校で学ぶ必要があるから面倒に思えるが、実際は保育以外の勉強もできるし短大の卒業資格も得られるので、選ぶ人も多いです。もちろん、2つの学校に通うのが面倒な人は指定校を選択します。続いて専門学校と言えば2年制が多いイメージだが保育でも例外ではありません。多くは2年制を導入しているので最短2年で資格取得が可能です。

ただし、中には3年制を導入している学校もあった、そちらを選ぶ人もいます。これも一見すると3年間通うのは面倒だし学費も高いイメージがあるが、実際は保育の知識をゆっくりと身に付けてから就職ができます。また、就職も2年制は1年生の後半がスタートと同時に、つまり入学から半年余りで考える必要があるので、高校を卒業して就職まであと2年あると考えていると気持ちが追い付かないことがあります。このように保育士になる為の専門学校にはいくつかの種類があって、他にも幼稚園教諭の資格が取得できるところとできないところなどもあるので、自分がどのように勉強したいのか明確にしてから選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です